えいごであそぼプラネット

幼児英語教材

旺文社えいごであそぼプラネット!

 

音楽の絶対音感と同じように、語学を勉強させるのって早ければ早い程いいって聞いたことがあります。

 

私も大学時代英語の勉強には苦労した分、子供には英語の教育は早いうちからさせてあげようとずっと思っていました。

 

今の時代って、英語を習う人が増えてるし、そもそも韓国や中国では第二外国語として英語は当然の時代です。

 

“英語出来ない〜”とか、“英語話せるの?すごいねえ”なんて言う会話自体、おかしいと思います。

 

けど、未だにそんな人沢山居ます。

 

我が子にはそうなって欲しく無い。

 

我が子と言うか、これからの日本を支えて行く子供たちには、英語は当たり前の存在になって欲しいんです。

 

…ごめんなさい。熱くなりすぎましたね(笑)

 

そんな訳で、0歳の我が子に英語教育をさせているのですが、と〜っても良い教材に出合いました。

 

旺文社の「えいごであそぼプラネット!」です。

 

自宅で学習させられるからお出かけの手間も無いし、何より知らない人に会う訳じゃないので、人見知りの我が子でもリラックスして勉強が出来ます。

 

小さな子に勉強させる環境を作るのは、難しいことだと思ってたんです。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんは、泣きわめくし、飽き性だし…。

 

けど、そんなうちの子も、積極的に学習したがるのが、この「えいごであそぼプラネット」の良いところだと思うんです。

 

まずグッズの充実さが何よりうちの子が喜んでいます。

 

特に音の出るペンをすごく気に入ってるようで、触ったら手放さなくて逆に大変(笑)

 

けど、小さなペンじゃないから飲み込んじゃう事も無いし、安心です。

 

このペンは喋ってくれるので、最近はお友達になった気分で何か会話をしてるみたいですよ(笑)

 

それに、ポスターや絵本等も充実してるからやっぱり飽きないんでしょうね。

 

それでいて、もちろん英語の教育もしっかりしてて、最近はCDの曲もなんとなく歌っていますよ。

 

きっとこういうのも、メロディーとかが、子供が覚えやすくわかりやすく歌えるように作られてるんだろうなって思います。

 

親である私も、一緒に学習しててすごく楽しいし、何より子供の英語力がぐんぐん上がっていく感覚に驚いています。

 

幼児の耳って驚異的!( ゚Д゚)

 

公式サイト⇒